2009年06月30日

石川遼、世界ランク急浮上

 ゴルフの最新世界ランキングが6月28日に発表され、石川遼君は103位から76位に急浮上。
 日本勢では87位の今田竜二さんを抜き、片山晋呉さんの42位に次ぐ2番目となりました。

 28カ国の代表によるゴルフW杯(11月26日開幕、中国・ミッションヒルズGC)には各国から2選手が出場。今回のランクで最上位の選手が8月までにパートナーを指名できる権利がありますが、基本は上位選手が優先されます。

 以前から「日の丸を背負って戦いたい」と話す遼君は“圏内”に入り、マスターズ、全英オープン、全米プロに続く大舞台が見えてきました。

 名実ともに遼君が輝き続けられるように応援しましょう!
posted by ミムさん at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 石川遼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

やはり石川遼は千両役者?

 兵庫県西宮市のよみうりカントリークラブで行われていた国内男子ゴルフツアーの全英への道〜ミズノ・オープンよみうりクラシック」、昨日28日の12番ホールで石川遼君が2度もOBを出した時点では本当にどうなることかと手に汗握りました。

 しかし、あくまで遼君流の攻めのゴルフを通したことが成功しました。16番ホール(パー5)、遼君はグリーン右ラフからピンまで残り30ヤードの第3打をサンドウエッジでフワリと打ち上げ、ボールはグリーンを転がるうちに徐々に加速し、最後はピンに強く当たってそのままカップに入って行きました。
 イーグルです。打った時点でかなり強いと思った一打だったので、ピンに当たらなかったらかなりピンから離れた位置までボールは転がっていたことでしょう。
 ボールが入った直後、グリーン上には石川が「耳が痛くなった」と振り返ったほどの大歓声がギャラリーからわき上がりました。

 今期初めて、通算3度目の優勝を決めた遼君の目に涙はありませんでした。「ホールアウトしたあとも3度目のOB出すんじゃないかという心配しました」というジョークも飛び出す勝利者インタビューでしたが、これで7月中旬に行われる全英オープンには招待選手でなく自力で出場できることになります。
 全英オープンは海際のコースのため海風が強く、ドライバーで飛ばす遼君に取っては不利なコースとも言われる一方で、フェアウエイが広いためにむしろ遼君に有利なコースという見方もあるようです。
 
 いずれにしても、日本人選手としては最年少出場です。昨日までのゴルフと同様果敢に攻めるゴルフでチャレンジしてくれるでしょう。
posted by ミムさん at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 石川遼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

なぜラサール石井がTBSドラマ「こち亀」の主人公じゃないのか?

 秋本治氏のマンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(略して“こち亀”)と言えば、アニメ化されてテレビで放送されていた際、主人公の警察官・両津勘吉の声をやったのが、ラサール石井さんで、ラサール石井さんは過去4度に渡って公演が行われた舞台版でも両津勘吉役を務めていました。

 ところが今回TBSで7月から放送されることになった「こち亀」実写版の両津勘吉役はSMAPの香取慎吾さんに決定しました。
 声のイメージや背格好など、両津勘吉の雰囲気を醸すのに十分な条件を持ち合わせていることなどから、「こち亀」ファンの間では「実写化するならラサール石井しかいない」と言われて来たのになぜ?それだけに、今回のドラマ化にあたり「なぜラサール石井ではなかったのか」という点を疑問視する声も多く、それがキャスティングに否定的な意見が挙がる一因となっているようです。

 実は今回の企画もTBSが今回の企画を立ち上げ、まず原作者の秋本治にその企画を話した際に、秋本治氏は「両津はラサール石井で」との希望を出したそうです。

 でも、ラサール石井さんは「私も自分のことはよくわかっています」とした上で、「ゴールデンタイムの連続ドラマを担う主役と考えた場合、自分の任や年齢的な事も考え、またそれをこなすスケジュール調整も実際に難しい」との考えから、みずから辞退したことを明かされました。そしてTBSには「どうぞ、私のことは気にせず、自由な人選をお願いします」と伝えたそうです。

 しかし、ラサール石井さんにとって両津勘吉はとても愛着のある役。そのため「僕は誰かが両津を演じてくれたらそれは嬉しいとは思っていましたが、それにまったく関われないことが少し寂しいと思っていた」ところ、脚本のマギー氏から「できたらラサールさんにも何らかの形で関わっていただきたい」と言われ、両津勘吉の父・銀次の役を二つ返事で引き受けることにしたそうです。

 思い入れの役を手放すことはかなりつらい面もあると思います。しかし、こんな風に自分をわきまえていらっしゃるラサール石井さんの人間性に感銘を受けました。

 香取慎吾さんの演じる両津勘吉役も楽しみですが、ラサール石井さん演じる父・銀次の役がどんなものになるか今からとっても楽しみです。
posted by ミムさん at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

マナーを守らない奴は石川遼君のファンじゃない

 プロ2年目を迎えた男子ゴルフ、石川遼君(17)のファン(?)層もデビュー当時と比較して大きく変化しつつあるようです。

 遼君は高校3年になりからだも成長し、表情も子供から大人びてきたようです。その結果、ファン層も多様化し、一部の“過激化”したファンに悩まされることが増えて来たようです。

 「カシャ!!」。静まり返るティーグラウンドで突然、シャッター音が響きます。


 国内メジャー初戦「UBS日本ツアー選手権」(茨城・宍戸ヒルズCC)2日目の最終18番。予選通過ラインに近い2オーバーのまま、バックスイングに入った遼君は思わずアドレスを外しました。コース脇の公道に止まる白い車からファンが携帯電話で写真撮影を行ったのです。


 数秒後、ティーショットを放った遼君の打球は大きく左に曲がり、フェアウエーバンカーへ。それでも、本人は「きょうは(ドライバーの)曲がり幅が大きかった。フックが多いのは手首が返っているから…」と自らを責めました。


 幸い、リカバリーに成功し、バーディーフィニッシュしたからいいような、残念なマナー違反。さらに、最近は単純なマナー違反以外のパターンも増えてきたようです。これまでは30代以上の主婦層らの人気が高いことで話題になってきたようですが、露出度の高い20代の女性ファンの姿が目立ってきました。


 大会期間中、クラブハウス周辺には午前4時半ごろには追っかけの若い女性が出没。大会のチャリティーフォトイベントでは、やや密着しすぎの撮影を懇願する女性ファンも現れて来たようです。


 ファンとの接し方には慣れているはずの遼君も、“肉弾攻撃”の女性陣の前では硬い表情。これを受け、大会側もこの日のチャリティーフォトでは、本人との記念撮影は握手だけのポーズに制限しました。

 プレイ中の撮影はプレヤーの集中をさえぎるもので、足を引っ張る行為以外のなにものでもありません。

 遼君を応援したいなら、ゴルファーのプレイ中はシャッターを切らないというルール守るのが最低限のマナーです。それができないようなら、遼君のファンどころか単なる恥さらしです。
posted by ミムさん at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 石川遼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

リンクしまうすFX
おすすめ
スポーツの達人/ゲームの達人
ミムさんのお気楽極楽
無料で不労所得・お小遣いを稼ごう
これはお勧め まる得情報
超気になるぅ〜、得々厳選情報!!
競馬はギャンブルでなく投資である
ブログアフィリエイトで愛でいっぱいのお金持ちになる方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。