2009年02月12日

石川遼、ニクラウスからの誘いを断る

 石川遼君(17)が、ジャック・ニクラウス氏(69)がホストを務める米ツアーのメモリアル・トーナメント(6月4日開幕、ミュアフィールドビレッジGC)からの出場打診を辞退していたことが11日、分かっりました。これは6月が日本国内でメジャーな大会のUBS日本ツアー選手権宍戸ヒルズが開催されるほか、全米オープン日本予選などひしめく「メジャー月間」だからのようです。苦渋の決断で、メジャーに力を注ぐことに決めたようです。

 遼君はニクラウス氏からの出場打診については「光栄です!」と素直に喜んだそうですが「複雑な気持ちですけど、国内ツアーを優先することにしました」と宣言。表情は晴れ晴れとしていたとか。

 メモリアル・トーナメントは、メジャー歴代最多18勝を誇るニクラウスが、自ら設計したコースでホストを務める大会。世界ランク上位者が名を連ね、タイガー・ウッズも毎年欠かさず出場するなど、「帝王」の大会として威厳を保つ。これまで日本人は米ツアー参戦者や日本ツアー賞金王など、限られた選手しか出ていません。出場するだけでも名誉ある大会といえます。

 「招待」の手紙が届いたのは1月半ば。悩み抜いた末、遼君は2月初めに辞退の手紙を出したそうです。
 遼君は「きっと(ニクラウス氏なら)僕が国内ツアーを選んだことを伝えれば、分かってくれると思う」と話したそうです。

 遼君は来週のノーザントラストオープンでいよいよアメリカ・ツアーデビュー。4月マスターズまで、現時点で計4試合の米ツアー出場が決まっています。それも日本ツアーがオフ期間中の大会だからこそ可能なこと。今後も遼君には米ツアーから出場の誘いが舞い込む可能性はあるが、やみくもに参戦するのではなく、当面は日本ツアーに軸を置き、無理や無駄のない日程で挑戦することになりそうです。

 人気者はつらいってところでしょうね。


posted by ミムさん at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 石川遼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
リンク集

リンクしまうすFX
おすすめ
スポーツの達人/ゲームの達人
ミムさんのお気楽極楽
無料で不労所得・お小遣いを稼ごう
これはお勧め まる得情報
超気になるぅ〜、得々厳選情報!!
競馬はギャンブルでなく投資である
ブログアフィリエイトで愛でいっぱいのお金持ちになる方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。