2009年03月23日

松村邦洋、一時心肺停止状態

 3月22日に行われた「第3回東京マラソン」で、テレビ番組の収録で出走したタレントの松村邦洋さん(41)がコース上で意識を失って倒れ、救急車で搬送されました。一時は心肺停止状態となりましたが、意識は回復し、命に別条はないが、都内の病院に入院中とのことです。


 松村さんが倒れたのは、スタート時から約2時間20分後の午前11時半ごろ。スタート地点の都庁前から約14・7キロ先の港区高輪2丁目付近で立ち止まると、崩れるように倒れ、心肺停止状態に陥ったそうです。

 付近で取材していた日本テレビの右松健太アナウンサー(30)が119番通報。「ぐったりした様子で口から泡を吹いて目はうつろだった。周りの人の呼び掛けに答える様子はなかった」と、当時の状況を話しています。

 駆け付けた医師が自動体外式除細動器(AED)で呼吸を回復させ、渋谷区内の病院に救急搬送。精密検査した。午後6時半すぎ、報道陣に対応した所属事務所の担当者によると、意識は回復しており「生命の危機はない」とのこと。

 松村さんは東京メトロポリタンテレビジョン(東京MX)の情報番組「Tokyo’Boy」(日曜後9・00)の収録で参加。昨年2月17日の第2回大会では35キロ地点の制限時間(5時間半)に間に合わず、ここでリタイア。「今回こそは」と完走を狙っていた。

 同番組内で五輪メダリストの有森裕子さん(42)らを育てた金哲彦氏(45)のもとで特訓を受け、事務所の担当者も「トレーニングは十分やってきた」と説明。この1週間は都内でテレビ収録のほか、地方のイベントにも参加していたが、「朝から仕事詰めの状態ではなかった。(22日の)朝も元気そうだった」と話していました。事務所側から今日23日午後に経過の説明があるそうです。

 公式ホームページによると、松村さんは1メートル64cm、128kg。同じ巨漢の元横綱、曙太郎さん(39)<195キロ>は今回出場を目指したが、ドクターストップで断念しています。

 松村にとってフルマラソンは4度目。07年7月、「ゴールド・コーストマラソン07」(オーストラリア)を9時間9分6秒で“完走”。昨年7月の同大会では6時間51分40秒と自己記録を更新。制限時間(7時間10分)以内での完走となり、初めて公式記録に名前を刻んでいます。

 マラソンの専門家がコーチしていたのだから、体格・当日の体調には問題なかったものとは思うが、素人考えからすれば、デブでハードスケジュールのかたがマラソンに参加するのは、やはり無謀ではないかと思うのですが・・・。
posted by ミムさん at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116083623
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク集

リンクしまうすFX
おすすめ
スポーツの達人/ゲームの達人
ミムさんのお気楽極楽
無料で不労所得・お小遣いを稼ごう
これはお勧め まる得情報
超気になるぅ〜、得々厳選情報!!
競馬はギャンブルでなく投資である
ブログアフィリエイトで愛でいっぱいのお金持ちになる方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。