2009年04月12日

残念、石川遼、マスターズ予選落ち

   通算6オーバー。17歳石川遼君の挑戦は幕を閉じました。予選突破を目指して臨んだ第2ラウンドは、最後の最後でオーガスタの“落とし穴”にはまったようです。

 2オーバーで迎えたパー3の16番。予選通過ラインは1オーバー。予選を通りたい遼君はグリーン右隅のピンを果敢に狙って行きましたが、残念ながら手前のバンカーへ。ここから崩れて、ダブルボギー。17番でも連続のダブルボギーとなり、遼君はがっくりと肩を落としました。


 最終18番。フェアウエー左にあるバンカーからの2打目のショットが、再び目の前のバンカーに吸い込まれていきました。


 「最後は悲しい気持ちになった。バンカーに入ったら、僕ひとりだけ。見えたのが空だけで、今どこにいるんだろうと思った…。本当に悔しい気持ちになった」


 それでも、遼君の表情に暗さはなかった。「いろんなシチュエーションからボールを打つことができた。このコースに本当に感謝したい。自分が弱い気持ちでスイングをしているということを、思わせてくれた」と振り返った。


 最近までテレビで見ていた世界のトッププロとの戦い。今大会では世界ランク17位で19歳のロリー・マキロイさん(英国)と、同14位のアンソニー・キムさん(米国)と一緒にラウンドしました。キムさんはこの日だけで、大会レコードとなる11バーディーを奪い通算4アンダー。ゴルフ界の「次世代対決」といわれたラウンドで、遼君はライバルたちから大きな刺激を受けました。


 1カ月にわたった米ツアー挑戦の幕は閉じました。すぐに米国をたち、16日から始まる国内今季開幕戦「東建ホームメイト・カップ」(三重)に出場する予定。

 たとえ、予選落ちしたとは言え、遼君には学ぶことがいっぱいだったことでしょう。
 英語もたどたどしさから、みるみるうまくなって行くように思います。
 収穫の大きいアメリカツアーだったことでしょう。
posted by ミムさん at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 石川遼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
リンク集

リンクしまうすFX
おすすめ
スポーツの達人/ゲームの達人
ミムさんのお気楽極楽
無料で不労所得・お小遣いを稼ごう
これはお勧め まる得情報
超気になるぅ〜、得々厳選情報!!
競馬はギャンブルでなく投資である
ブログアフィリエイトで愛でいっぱいのお金持ちになる方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。