2009年07月17日

石川遼、タイガー・ウッズを上回る好発進

遼くんがウッズに勝った!!!

 第138回全英オープン第1日は16日、英国ターンベリーのターンベリー・エイルサコース(7204ヤード、パー70)で行われ、全英オープン初出場の石川遼くん(17)はあこがれのタイガー・ウッズ(33)とメジャーの舞台で初対決。

 開始前は、非常に緊張している様子でしたが、世界No・1プレーヤーのオーラにも負けることなく、5バーディー、3ボギーの68をマーク。3バーディー、4ボギーで71だったウッズを上回る好スコアで素晴らしいスタートを切りました。

 さすがの遼くんも最初は大変緊張していました。ティーグラウンドでは自ら歩み寄って握手を交わしたものの、頭が真っ白になり、足は震え、Tを刺す手もたしかに震えていました。

 クラブ選択はターンベリーで24年のキャディー歴を誇るリー・マッカランさん(38)がいればこそ。「自分で選ぶと気持ちが吹っ切れない。きょうはリーさんの選んだクラブをそのまま使おうと思った」と前週から6回の練習ラウンドで関係を築いてきた相棒を信じ切ってのプレー。

 無謀でなく、冷静にベテランキャディのアドバイスに謙虚に耳を貸すこともスコアを伸ばすコツなのです。

 しかし、決して消極的なゴルフにせず得意のドライバーによる積極策も随所で飛び出しています。

 ティーショットが乱れたウッズがいら立っていくのとは対照的に、大胆さと繊細さを織りまぜたプレーは安定感を増していきました。

 初挑戦の全英で「すべてが夢のようです」と言っていた遼くんは1ラウンドが終わり、みずからのプレイを90点と採点しました。

 たしかに4日間のプレイで1日目が終わっただけです。
 しかし、メジャー大会で憧れの人と回るというプレッシャーの中で落ち着いて、これだけのスコアを出せるというのは、やはりただ者ではありません。

 1日目を終わった時点で遼くんは首位と4打差。この先にどんなドラマが待っているのか、期待はふくらみます!!

posted by ミムさん at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 石川遼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
リンク集

リンクしまうすFX
おすすめ
スポーツの達人/ゲームの達人
ミムさんのお気楽極楽
無料で不労所得・お小遣いを稼ごう
これはお勧め まる得情報
超気になるぅ〜、得々厳選情報!!
競馬はギャンブルでなく投資である
ブログアフィリエイトで愛でいっぱいのお金持ちになる方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。