2009年08月11日

伊東美咲さん、かねてより噂のパチンコメーカー社長と結婚へ

 今朝の日刊スポーツ紙によると、女優 伊東美咲さん(32)が交際中の大手パチンコメーカー京楽産業の代表取締役社長、榎本善紀氏(40)と結婚することが10日、分かったそうです。

 以前、このことはこちらのブログでも交際中の噂として1ヶ月ほど前にお知らせしておりました。

 11月に米ハワイで親族、親しい知人だけを招待して挙式する予定。近日中に正式発表とのこと。

 2人は昨年11月、ハワイで行われた共通の知人の結婚式で知り合い、交際に発展。出会いから1年。2人の思い出の地でゴールインすの予定。

 伊東さんと榎本氏の出会いは昨年11月。ハワイで行われたタレント植松真美さん(31)の結婚式だったとんことです。伊東さんは植松さんと2001年の日本テレビ系ドラマ「ビューティー7」で共演して親しくなり、新婦友人として出席。一方、榎本氏は同じパチンコ業界で活躍する新郎友人として出席していました。

 伊東さんはすでに榎本さんの出張に同行するなど、すでに実質的に夫婦のような行動をしているとのことです。
posted by ミムさん at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

伊東美咲が攻勢をかける本当の理由

 しばらく鳴りを潜めていた伊東美咲(32)が一転して、攻勢に転じようとしているそうです。

 最近、所属事務所のオフィシャルサイト(KEN ON)をクリックすると、最初に美咲の顔が出て来ますが、これがそのサインと受け取れるとのこと。伊東さんははしばらくの間、ドラマとは距離を置いていました。

 その理由は結婚が間近に迫っているせいとも出演したドラマが思うように視聴率を稼げなかったせいとも言われていました。
 最後に出たのが昨年7月開始の「ロト6で3億2千万円当てた男」(テレ朝系)でした。

 伊東さんがが「ロト6」のCMに出ていることもあって、初回に宝くじ売り場の店員役で出演されましたが、北京五輪と重なって全体的に不発に終わったようです。

 その前は昨年1月から始まったその前は「エジソンの母」(TBS系)に主演しているが、目標視聴率に達していません。

 CMは「ロト6」を始め、好評のようですが、ドラマに関しては休業状態でした。

 ところが、同じ事務所の天海祐希さんや菅野美穂さんらの“途中移籍組”の活躍が刺激にされたせいか、秋からのドラマの主演が決まっりそうだという話も聞こえて来ました。

 もっとも、フル回転説が流れるのは、噂になっている名古屋のパチンコメーカー社長との結婚が控えているからとみる関係者も多いようです。結婚前にまとめて仕事をこなしておこうというワケです。

 演技派とは言い切れない伊東さんが攻勢をかけ、どのような女優さんに変わって行くのかファンとしては楽しみにみていきたいものですね。
posted by ミムさん at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

なぜラサール石井がTBSドラマ「こち亀」の主人公じゃないのか?

 秋本治氏のマンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(略して“こち亀”)と言えば、アニメ化されてテレビで放送されていた際、主人公の警察官・両津勘吉の声をやったのが、ラサール石井さんで、ラサール石井さんは過去4度に渡って公演が行われた舞台版でも両津勘吉役を務めていました。

 ところが今回TBSで7月から放送されることになった「こち亀」実写版の両津勘吉役はSMAPの香取慎吾さんに決定しました。
 声のイメージや背格好など、両津勘吉の雰囲気を醸すのに十分な条件を持ち合わせていることなどから、「こち亀」ファンの間では「実写化するならラサール石井しかいない」と言われて来たのになぜ?それだけに、今回のドラマ化にあたり「なぜラサール石井ではなかったのか」という点を疑問視する声も多く、それがキャスティングに否定的な意見が挙がる一因となっているようです。

 実は今回の企画もTBSが今回の企画を立ち上げ、まず原作者の秋本治にその企画を話した際に、秋本治氏は「両津はラサール石井で」との希望を出したそうです。

 でも、ラサール石井さんは「私も自分のことはよくわかっています」とした上で、「ゴールデンタイムの連続ドラマを担う主役と考えた場合、自分の任や年齢的な事も考え、またそれをこなすスケジュール調整も実際に難しい」との考えから、みずから辞退したことを明かされました。そしてTBSには「どうぞ、私のことは気にせず、自由な人選をお願いします」と伝えたそうです。

 しかし、ラサール石井さんにとって両津勘吉はとても愛着のある役。そのため「僕は誰かが両津を演じてくれたらそれは嬉しいとは思っていましたが、それにまったく関われないことが少し寂しいと思っていた」ところ、脚本のマギー氏から「できたらラサールさんにも何らかの形で関わっていただきたい」と言われ、両津勘吉の父・銀次の役を二つ返事で引き受けることにしたそうです。

 思い入れの役を手放すことはかなりつらい面もあると思います。しかし、こんな風に自分をわきまえていらっしゃるラサール石井さんの人間性に感銘を受けました。

 香取慎吾さんの演じる両津勘吉役も楽しみですが、ラサール石井さん演じる父・銀次の役がどんなものになるか今からとっても楽しみです。
posted by ミムさん at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

『ごくせん THE MOVIE』に亀梨クンと松潤がでない理由は??

 7月上映予定の映画『ごくせん THE MOVIE』にはKAT-TUNの亀梨和也さんのほか卒業生として第1シリーズから小栗旬さん、石垣佑磨さん、成宮寛貴さん、第2シリーズから速水もこみちさん、小池徹平さん、小出恵介さんという豪華メンバーが出演するようです。

 意外なのが、嵐の松本潤さんとKAT-TUNの赤西仁さんが出演しないこと。

 「亀梨クンが出るな赤西クンも出なきゃ片手落ちじゃない?」と、キャスティングに不満を感じているファンも多いようだです。

 某雑誌記者によると「赤西クンは2010年に映画『BANDAGE』の公開が控えています。そこで"映画初出演・初主演"とすでにうたってしまっていますから、他の映画にはそれまで顔を出すことができないんでしょう。」とのこと。

 また「松本に関しては単純にスケジュールの折り合いがつかなかったから・・・・と言われていますが、中盤に顔を揃える程度なら、数日の撮影で済むはず。結局のところ、松本、赤西が出てしまえば、亀梨への注目度も自然と下がってしまうワケですから、ここはあえて亀梨に花を持たせたのかもしれませんね」とのことです。

 ジャニーズ事務所なりの配慮をしたというところでしょうか?

 亀梨さんといえば、今年の頭に放送されていたら日テレ系の連ドラ『神の雫』の視聴率も低迷していたようですが人気にも陰りが出ているのでしょうか。「俳優生命も終わり」ともささやかれているとか。

 亀梨さんは、木村拓哉さん主演のドラマ『Mr.BRAIN』(TBS)第3話にゲスト出演が決定している。若手エリート医師役の亀梨さんが名誉挽回といけばいいですね。
posted by ミムさん at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

中村俊太の大麻取締法違反に中村雅俊は責任はないのか?

 すでに、ご存じのように、俳優中村雅俊(58)さんと女優五十嵐淳子(56)さん夫妻の長男で、俳優の中村俊太容疑者(31)が、大麻所持の現行犯で、警視庁に逮捕されました。
 五十嵐淳子さんは「(俊太容疑者を)ぶん殴ってやりたい気持ち」と憤りと詫びをし、中村雅俊さんは「事務所の社長として、俳優を辞させ、反省させる」と述べています。
 レポーターから「役者の子どもとして育ったことで、息子さんに甘えはなかったか?」というような質問があり、これに対して、中村雅俊さんは「そんなことを言うと、他の俳優さんのご子息に失礼です。親として、責任を感じています」と述べていました。

 こういった俊太容疑者の両親の態度に、同情の声も出ています。たしかに俊太容疑者は31歳と十分大人ですので、親を責めるのは筋違いとも言えるでしょう。

 しかし(今は閉鎖されてしまっている)俊太容疑者のブログとかを見たりしていると、毎週のようにゴルフに行っていたようなことが書いてありました。
 役者として、給料は非常に少なかったと言いますが、だとすれば、ゴルフに毎週行けるようなお金がどこから出ていたのでしょう?
 その点を考えると、やはり親が息子を甘やかしていたという批判をされても、しかたない部分はあるように思います。

 
posted by ミムさん at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北野誠、降板の本当の理由

 北野誠さんというと、「探偵ナイトスクープ」の探偵というと一番理解できる人が多いでしょうか。
 最近ではテレビのコメンテーターをすることも多く、「この人教養人と違うじゃん!」と突っ込みを入れたこともありますが、その北野誠さんの事務所が「松竹芸能」が北野誠さんのテレビとラジオの全レギュラー番組を順次降板させると発表しています。

 その理由として関西ローカルのラジオ番組「誠のサイキック青年団」(朝日放送)で不適切な発言があったということはマスコミにも発表されていますが、詳しい理由は不明というのが一般的です。
 
 一部では北野さんが選挙に出るとの噂もありますが、そんなに突然に出なくなるということはないと思います。
 あれこれ探ってみると、S学会のことを批判した発言が問題視されたというのが、一番有力のようです。

 理由はともあれ、日本は北朝鮮ではないのですから、その理由自体も明らかにされないまま、タレントの芸能生命が危ぶまれるような処分がなされるとしたら、それ自体が非常に問題だと思います。
 言論の自由はどこに行った?って言いたいです。
 
 北野さんの発言の是非を論じるつもりもないし、北野さんの人間性を問題にするつもりもないですが(好きか嫌いかと言われれば、嫌いな方に分類されるかたです)、こんな風に干される芸能人が結構いるのが芸能界だということも知っておくべきなんでしょうね。
posted by ミムさん at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

どこまで本当?島田洋七の話

昔から、虚言癖が有名(知る人ぞ知る?)だった元B&Bの島田洋七さんだが、ここに来て、洋七さんが書いた大ベストセラー「佐賀のがばいばあちゃん」の作者・島田洋七さんの信憑性がとりただされています。

 というのが、洋七さんが朝日新聞のインタビューでちょっとした「ウソ」をつき、それが掲載されていのを読んだ島田紳助さんがテレビ番組(2009年4月6日に放送されました)日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」で「追及」し、洋七さんもそれを認めたことから洋七さんの虚言癖がクローズアップされるようになりました。
 昔から洋七さんは「ホラとかウソはつくべきですよ」といい、芸風だといわんばかりのとこえろがありました。

 以前から、洋七さんは「広島の広陵高校の野球部出身で、(高校野球で)甲子園にセカンドで出た」と明言していましたがしかしそれは真っ赤なウソ。このウソを信じたテレビ局もあり、広陵高校野球部監督とのご対面企画されたこともあったようです。その際、セカンドを守っていた生徒とは名字が違う、と指摘されると、「母親、離婚したんです」と目に涙を溜めて答えたとか。

次に紳助さんの番組では朝日新聞の2006年8月17日の紙面が映し出されました。それは洋七さんが高校野球甲子園大会について語った、顔写真入りの記事でした。洋七さんはそこでこう語っていた。

「ばあちゃんはこうも言ってたなあ。『高校野球は引き分けがいい』って。孫と同じような年の子供たちが勝ち負けでくっきり分けられるのが嫌だったのかな」

同番組では、人生のうんちくを語る「がばいばあちゃん」も、ひょっとして洋七さんの作り話しなのではないか、という疑問も出ていました。この記事を紳助さんが紹介したとき、「ばあちゃんは絶対言っていない!」という声が出演者達から漏れました。紳助さんは、この記事の信憑性は低いとし、

「朝日新聞社!(洋七さんに)訊きに行くなよ!!」

と叫びました。

「ばあちゃん」のコメントは「相撲」についてだったのかも!?

洋七さんは、「ばあちゃんは確かに言っていた、疑うのはやめてほしい」と反発。

「相撲のとき言うてた。相撲は本当に好きで、ラジオをずっと訊きながらね。それをまぁ、野球に替えただけの話。野球も相撲も似たようなもんやて」

するとスタジオは「替えたんじゃないか!」と「騒然」。

また、

「ホラとかウソはつくべきですよ。(がばいばあちゃんの売れゆきは)1000万部ですよ。ここまできたら、ホラもウソも、ほんまもんやで」

など芸人らしい受け答えで煙に巻きました。

 昔、涙溢れる「一杯のかけそば」という本が実は全くの作り話だったということがバレて、自分の実体験を書いたと明言していた作者の栗良平氏がその後、全国で寸借詐欺をして回った容疑で逮捕されたため、この本が実話だったかがという信憑性が問題になったことがありました。
 涙を呼ぶ感動の話はたとえ、それがフィクションだとしても人々の心をうつものですが、本当の話だったと言われていたものが実は全くのフィクションだったと、分かると読者は裏切られたという気持ちになるものですよね。

 ウソもほどほどにして欲しいというのが、正直なところです。


posted by ミムさん at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

さんまの長女、モデルデビュー!

 明石家さんまさん(53)と大竹しのぶさん(51)の娘さん(19)が「IMALU(いまる)」の芸名でモデルデビューすることが分かりました。女性向け月刊ファッション誌「Zipper」(祥伝社)の専属となり、来月23日発売号から連載コーナーを抱えることになります。また、FMヨコハマでパーソナリティーにも挑戦するとか。

 大物同士の両親だけに89年の誕生以来、名前は全国区の知名度だったが、この度、芸能界デビューということで、写真も初公開されました。

 こちらをクリック→こちら

 モデルデビューとなるのは同誌6月号。カラー8ページにわたり、夏向けのTシャツを複数着こなしているとか。金髪はかつらで、実際は、ほぼ同じ長さのショートボブ。

 名前はさんまさんが、座右の銘とする「生きてるだけで丸もうけ」から名付けたことは有名。

 留学前は、芸能界に興味がなかったそうです。性格は母親似で、おっとりとしているが芯は強く、目標に向かって努力を惜しまないタイプとか。

 大竹さんは愛娘の挑戦を応援しており、デビューをさんまさんにも伝えているようです。IMALUさんは「大好きなファッションや音楽にかかわれる仕事ができるなんてすごくうれしい。個性を生かしてミクロモデルとして、いろいろ磨いていきたいなと思ってます」と意気込んでいるとか。

 さんまさんの大きな悩みが増えたかな?わーい(嬉しい顔)
posted by ミムさん at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

松村邦洋、一時心肺停止状態

 3月22日に行われた「第3回東京マラソン」で、テレビ番組の収録で出走したタレントの松村邦洋さん(41)がコース上で意識を失って倒れ、救急車で搬送されました。一時は心肺停止状態となりましたが、意識は回復し、命に別条はないが、都内の病院に入院中とのことです。


 松村さんが倒れたのは、スタート時から約2時間20分後の午前11時半ごろ。スタート地点の都庁前から約14・7キロ先の港区高輪2丁目付近で立ち止まると、崩れるように倒れ、心肺停止状態に陥ったそうです。

 付近で取材していた日本テレビの右松健太アナウンサー(30)が119番通報。「ぐったりした様子で口から泡を吹いて目はうつろだった。周りの人の呼び掛けに答える様子はなかった」と、当時の状況を話しています。

 駆け付けた医師が自動体外式除細動器(AED)で呼吸を回復させ、渋谷区内の病院に救急搬送。精密検査した。午後6時半すぎ、報道陣に対応した所属事務所の担当者によると、意識は回復しており「生命の危機はない」とのこと。

 松村さんは東京メトロポリタンテレビジョン(東京MX)の情報番組「Tokyo’Boy」(日曜後9・00)の収録で参加。昨年2月17日の第2回大会では35キロ地点の制限時間(5時間半)に間に合わず、ここでリタイア。「今回こそは」と完走を狙っていた。

 同番組内で五輪メダリストの有森裕子さん(42)らを育てた金哲彦氏(45)のもとで特訓を受け、事務所の担当者も「トレーニングは十分やってきた」と説明。この1週間は都内でテレビ収録のほか、地方のイベントにも参加していたが、「朝から仕事詰めの状態ではなかった。(22日の)朝も元気そうだった」と話していました。事務所側から今日23日午後に経過の説明があるそうです。

 公式ホームページによると、松村さんは1メートル64cm、128kg。同じ巨漢の元横綱、曙太郎さん(39)<195キロ>は今回出場を目指したが、ドクターストップで断念しています。

 松村にとってフルマラソンは4度目。07年7月、「ゴールド・コーストマラソン07」(オーストラリア)を9時間9分6秒で“完走”。昨年7月の同大会では6時間51分40秒と自己記録を更新。制限時間(7時間10分)以内での完走となり、初めて公式記録に名前を刻んでいます。

 マラソンの専門家がコーチしていたのだから、体格・当日の体調には問題なかったものとは思うが、素人考えからすれば、デブでハードスケジュールのかたがマラソンに参加するのは、やはり無謀ではないかと思うのですが・・・。
posted by ミムさん at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長渕剛がジャニーズ事務所にブチ切れた

 シンガーソングライターの長渕剛さん(52)が、ジャニーズ事務所に自身の楽曲「青春」を歌うことを拒絶されたことに激怒。「ジャニーズ上等。乗り込んでやる」と、ケンカを売っていたことが関係者の取材で明らかになりました。

「2 年前に長渕がTOKIOに『青春』という楽曲を提供したんです。この曲はメンバーの長瀬智也が主演したTBSドラマ『歌姫』の主題歌にもなった。その曲を今年、ユニバーサルミュージックに移籍した長渕が自分で歌いたいとジャニーズに申し入れたところ、無下に断られたんでブチ切れたんです」(関係者)

 これまで幾度となく、長渕さんのブチ切れに呆れていた芸能界の重鎮たちも、今回に限っては、影ながら彼にエールを送っているとのこと。

「最近のジャニーズの横暴さや、かつてのタレントやスタッフに対する冷たさは目に余るものがある。業界からは『何とか、ジャニーズを懲らしめよう』という声が上がっている矢先ですからね。陰ながら長渕を応援する芸能関係者は多いと思いますよ」(大手プロ幹部)

 長渕さんは、音楽業界では"コワモテ"と恐れられてきました。その理由は、1990年のNHK紅白歌合戦出場がキッカケと言われているようです。

 長渕さんはドイツのベルリンからの中継で出演。3曲歌って、約17分も番組を独占したにもかかわらず、同行した現地のスタッフを「こっちはタコばかり」と放送中に暴言を吐いて、NHKを出入り禁止になったとか。


 いくつになっても激しい気性が治らない長渕さんが、10年余り所属していたフォーライフミュージックエンタテイメントから、今年に入ってユニバーサルミュージックに移籍。何かやらかすのではと注目されていたら、ジャニーズにケンカをふっかけたという訳です。

「TOKIOに『青春』を提供したときに、ジャニーズとどんな契約があったのかわかりませんが、本人の曲を本人が歌いたいというのを無下に断るというジャニーズの対応に疑問を感じます。今度ばかりは長渕を応援してやりたいですね」(某音楽プロデューサー)

 実は芸能界では、1月28日に肝臓がんで57歳の若さで他界したフォーリーブスの青山孝史さんの死を受けて、ジャニーズへの反発が強まっているそうです。

「いままでも、テレビ局のプロデューサーを丸抱えにして、番組を独占するジャニーズの強引なマネジメントに対して、業界からは不満が噴出していましたが、青山君の死で爆発寸前です」と言うのはレコード関係者。

「青山君はジャニーズ事務所の功労者ですよ。本来なら、ジャニーズが陣頭指揮を執って、葬儀をやるべきです。ところが、仕切ったのは大手プロ。ジャニーズからは手伝いも来ない。せめて、青山君がジャニーズ時代に活躍したビデオを貸してほしいといったら、それも断った。ジャ二―ズのあまりの冷たさに、"許せない"という声があがっているんです」とジャニーズ事務所には非難の声。

 青山さん死去の際は昔の映像は著作権の関係で、使えないと「特ダネ」の小倉智昭さんが嘆いていました。それもジャニーズの横暴のようです。

 私が個人的に思うのは、ジャニーズ所属の芸能人は、歌にでよ、演劇にせよ、演劇にせよ、一切の受賞は辞退するとしていること。受賞は各人の才能や努力を評価してのもの。それを芸能事務所が一括して統制するのは行き過ぎと前々から思っていました。

 このままだと、たとえばSMAPの中居さんが「わたしは貝になりたい」でアメリカのアカデミー賞の外国語部門にノミネートなんてことがあっても、辞退ということになってしまいます。
 
 アイドルを沢山抱えた芸能事務所とはいえ、行き過ぎた管理主義体制は、時代錯誤も甚だしいというべきでしょう。

 今回の長渕さんのブチ切れも十分納得できます。
 これが、ジャニーズ事務所の横暴が変わるきっかけになればいいのですが・・・。
posted by ミムさん at 07:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

石川遼君トランジョンズ選手権予選突破

 ハニカミ王子こと石川遼君(17)がPGAの歴史にその名を刻みました。2アンダー15位タイから出て、1バーディー、3ボギーの73とスコアを落としたものの、通算イーブンパーの39位に踏みとどまり、決勝ラウンド進出を果たしました。お見事!

 17歳6カ月3日での予選突破は、米ツアー史上5番目、米国以外の外国人選手では2番目、日本人では最年少記録です。

 米ツアー挑戦2試合目。19歳で初めて予選(95年マスターズ)を通過したタイガー・ウッズより2歳も若い遼君が快挙を成し遂げました。「タイガーより早くPGAの舞台に立てたのは、応援してくれる人のおかげ。招待してくれた大会関係者にも感謝したい」遼君はそう言って日が暮れたコースで、予選突破の味を静かにかみしめました。
 

 最終日の翌23日には次週出場するアーノルド・パーマー招待からプロアマ戦出場要請がきています。ツアー選手以外では異例のこと。この予選通過で、移動を含めてハードスケジュールになり、パーマー氏の熱視線はうれしい悲鳴。
 その前にタンパで過ごす残り2日間。首位とは6打差。「意外な感じ。相当(上位から下位まで)詰まっている。イーブンパーでも実力があれば優勝争いに加わっていける。もちろん僕もそれを目指している」。1日4アンダーの目標を崩さずに、ベストスコアを目指す遼君でした。
posted by ミムさん at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

ダイアモンド☆ユカイさん引退?

 先日、このブログで紹介したばかりのロックミュージシャンで俳優のダイアモンド☆ユカイさん(47)が昨日13日、東京・福家書店銀座店で自伝「成りさがり」の発売記念イベントを行いました。

 著書では、先日紹介した通り、女優の飯島直子さん(41)との交際や前妻の三浦理恵子さん(35)についても触れており「いい女だった」と感慨深げ。今年2月に30代の会社員と再婚しており「彼女はトゲのないタンポポ。皆さんも結婚するならバラよりタンポポがいい」と勧めていました。
 
 ユカイさんは「暴露本と言われるけど違う。これは自虐本なんだ。おれは成り下がってしまい今が底だから」と説明。「これからのロックは農業。埼玉で本格的に農業をやりたい」と人生設計を語ったそうです。

 これは引退宣言とみていいのでしょうか。


 
posted by ミムさん at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

飯島直子の過去が暴露された!!

 ロックバンド レッド・ウォーリアーズのボーカリスト ダイアモンド☆ユカイ(46)が、3月5日発売の自伝「成りさがり」でかつて飯島直子さん(41)と熱愛していた事実を赤裸々に告白して話題を呼んでいます。
 当時の飯島さんはTUBEの前田亘輝さんと婚約中だったことや、写真誌に交際を報じられてからは連絡が取れなくなったことなどを激白され、飯島さんの名前が大きくクローズアップされています。

 最近の飯島さんのテレビでの露出度は低迷気味。レギュラー出演していたバラエティー番組「明石家さんちゃんねる」(TBS)は昨年9月に終了。同じくレギュラー出演していた昨年上半期の朝ドラ「瞳」(NHK)は平均視聴率15.2%で歴代ワーストを記録しています。それ以来、飯島はテレビの仕事から遠ざかっています。

 飯島直子さんには今回の暴露本の出版は愉快なことではないでしょうが、災い転じて福となると言います。こういう話題が出たことをうまく生かして、また頑張って仕事をしてもらいたいと思います。
 「瞳」で主人公の瞳の母親役をした飯島さんの抑えた演技は素晴らしかったと思います。
 こう言った控え気味の渋い演技ができるようになった飯島さんの演技に今後も注目したいと思います。

 
posted by ミムさん at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

福山雅治は長崎観光の救世主?!

 福山雅治さん(40)の写真展が福山さん出身の長崎市で昨年開かれ、県外からも多数のお客さんが訪れ、経済効果は11億円以上に上がったと言われています。

 福山雅治さんといえば、キムタクと、アンアンが毎年行っている“抱かれたい男”の1位・2位を争うほどの大人気ですが、その人気は衰えを知らないようです。

 昨年、4〜6月長崎市で行われた写真展の際は福山さんの実家や母校にもファンが大勢訪れ、行きつけのラーメン屋に女性客の行列ができたほどとか。長崎展の来場者は延べ約7万人。東京の約4万2千人、鳥取の約2万6千人を大きく上回ったそうです。

 福山雅治さんは来年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の主役にも決定。龍馬ゆかりの長崎もロケ誘致に名乗りを上げており、不況下の追い風を当て込んでいるようです。

 長崎県観光振興推進本部では、早速県庁舎に大河ドラマ主演決定を祝う垂れ幕を掲げたそうです。

 長崎市は一足早く、昨年4月に田上富久市みずから、福山さんに「ふるさと大使」就任を依頼し、快諾を得ているおうです。県とともに推進協議会をつくり、福山さんの人気にあやかりたい考えのようです。 

 福山さんといえば、ちょっとスケベなイメージながらも、イケメンで、演技もさることながら歌まで素晴らしいのですから、来年の大河でますますファン層を広げて行くことが十分期待できますね。

 
 
posted by ミムさん at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

辻っちゃんは切れた、加護ちゃんは解禁

 元モー娘。ダブルUの辻ちゃんこと辻希美さんが、ブログを書いていることは、このサイトでも紹介したことがありますが、その辻ちゃんのブログ「のんピース」で、一般人に対して「育児の事や、家庭の事、希空の事まで指摘されるのは正直腹が立ちます!」「本当に納得いきません…」と怒りをブチまけました。

 日頃から辻ちゃんのブログを読んだ読者から多くのメールが届いているようで、そのほとんどはファンからの応援メールなのだとか。中にはブログの誤字や脱字、言葉の使い方の間違いを指摘する声もあるるそうです。しかし、辻ちゃんの育児方法や家庭のこと、そして赤ちゃんのことまで、厳しい内容の指摘メールをしてくる人がいるらしく、これに辻ちゃんはキレてしまったようです。

 芸能人のブログは普通はマネージャーが管理しているもののようですが、辻ちゃんは自由にブログを書いているらしいです。

 かなりの反響があったらしく、今はそのキレた文章は削除されて、辻ちゃんのお詫びの言葉が書かれています。

 いくら公衆にさらされるタレントとはいえ、家庭のことに対してとやかく言われるのは気持ちのいいものではありません。辻ちゃんがキレるのももっともという気はします。

 さて、辻ちゃんとコンビを組んでいた加護ちゃんこと加護亜依さんですが、一時、喫煙騒動で干されていた加護ちゃんは1月に発売された『月刊加護亜依』で話題を呼んでいます。
 喫煙騒動からの復帰で、これまで封印していたセクシーショットにも挑戦し、驚かせています。

 そして、『月刊加護亜依』は増刷をしないという方針のため、あっという間に売り切れてしまったようですが、ファンの熱い要望に応えて『月刊』シリーズでは初となるリミックス版が急遽発売されることとなりました。より内容を濃縮させ、封印していたお宝ショットも多数掲載しているということです。

 今回発売の『月刊加護亜依 SUPER REMIX』は、『月刊 加護亜依』のベッドシーンなど核心部分を中心に、封印していたアザーカットを大胆に投入しており、前作の濃縮版となっているとのこと。

 加護ちゃんみずから、お蔵入りにするはずだった封印カットの公開を決意したとのこと。

 ファンのかたで買いそびれたかたは次回こそ、ゲットしてくださいね。

posted by ミムさん at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

EXILEの突然のメンバー倍増にファン戸惑い

 「EXILE」がメンバー倍増を発表したことについて、ファンから疑問や戸惑いの声が上がっています。

 私も一昨日の芸能ニュースにはビックリしました。まるでアイドルグループ???と思ったのも私だけではないようで、彼らの所属レコード会社のエイベックス松浦社長のブログにもEXILEファンの書き込みが殺到して、炎上しているようです。

 「EXILE48でいいだろ」「あぁ...モー娘。みたくなるわ」ファンの驚き・嘆きは止まらないようです。超人気、今が乗りに乗ってるEXILEだけに、この時期に何でメンバーが急に倍になるのか疑問を持つファンは多いようです。

 このように今回のメンバー増員発表はファンには唐突に思えますが、EXILE側にとっては、長く温めていた構想であるということのようです。

 大所帯化は、リーダーのHIROさん(39)がプロデュースした弟分のユニット「J Soul Brothers」が吸収合併される形で実現しました。発表では、やや若い世代を加え、「総合エンターテインメント集団」として音楽の幅を広げるのが狙いだと説明しています。

 松浦社長は「「新しいことにチャレンジすると時には必ず批判や反対も伴う。しかし、それを乗り越えられるだけの自信がヒロにはあるのだろう。僕も彼らはそれらを吹き飛ばすほどのエンターテインメント集団になると確信している」と語っています。

  HIROさんは、89年に結成された別の音楽ユニット「ZOO」で活動しヒット曲も出したものの、人気が伸び悩んで95年に解散しています。スポーツ紙や夕刊紙では、こうした苦境を知る彼らが「恵まれた今こそ挑戦すべき」とメンバー増員を決意したと報じています。

 松浦社長はこうも述べています。「EXILEは常に進化し、また、変化し、形を変えていく。まだまだ彼らにはこれからもずっと驚かされ続けるだろう」

 ファンとしては、HIROさんはの気持ちを理解して当分温かい目で見守ってあげるべきなのでしょうか。

 ただ人数が増える場合は、芸の質の低下や個々のメンバーの名前を把握するのも困難になって来るという例が多く、そのままだらだら人気も下降線に至るケースが多いだけに、ファンが気が気でないという気持ちも十分理解できます。



 

 
posted by ミムさん at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

島田紳助、スイーツでリベンジなるか?

 手広い事業家としても知られる島田紳助さん(52)は先のリーマン・ショックで億単位の損失を出したとされますが、満を持してスイーツ界に殴り込みをかけるというので話題になっています。

 紳助さんは芸能界でも5本の指に入るスイーツ党として知られています。数十億円の不動産を所有し、お好み焼き屋や和食屋、バーを経営し、次はスイーツということのようです。

 これから紳助さんは和菓子ベースの洋菓子店をプロデュースするということです。

 事情通の話によると紳助さんは日本全国の甘味処やケーキ店を食べ歩き、自分の舌で味を確かめた店は1000軒を超えるとか。
 お好み焼き店を出店する際も紳助さんは日本中の店を食べ歩いたほどで、凝り性だから、納得できないと出店しないという考え方だそうです。

 自慢の商品は3種類のエクレアで、あんこ、チョコ、カスタードクリームに京都の代表的な和菓子『八ツ橋』に似た餅が練り込まれている。価格も1個100円らしい」(関係者)とのこと。

 今回の事業で、損益を挽回できるでしょうか。その手腕に注目したいところです。

posted by ミムさん at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

飯島愛さんのブログに追悼コメント殺到

早いもので、元タレントの飯島愛さん(享年36)が昨年(08)12月24日、自宅マンションで遺体で発見されてから2か月が立ちました。

 今でも飯島さんのブログには「追悼コメント」が殺到しているそうです。

 09年2月24日現在、飯島さんが生前最後に書いた08年12月5日の記事に対するものだけでも、コメントの数は4万8000を超えています。3月1日には東京・芝公園の東京プリンスホテルで「お別れの会」が開かれるそうですが、それと関連して、お別れ会後のブログ存続を望む声も多いそうです。

 寂しがりやだった愛さん・・・。他人を思いやる優しい気持ちも人一倍だったと聞きます。改めてご冥福をお祈りします。

 飯島愛さんの公式ブログはこちら
 http://ameblo.jp/iijimaai/
ラベル:飯島愛
posted by ミムさん at 12:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後藤真希がシークレットパフォーマンス

 後藤真希さん(23)が、2月22日に渋谷WOMBで行なわれたクラブイベント“HOUSE NATION - Tea Dance”にシークレットゲストとして登場し、2月18日にravexがリリースしたシングル「Believe in Love」収録曲「Golden LUV feat. MAKI GOTO」を歌ったそうです。

 後藤真希さんが公の場に立つのは、昨年(08年)10月30日に六本木ヒルズで行なわれた映画『レッドクリフ』の公開前夜祭として行われたレッドカーペット・イベント以来のことになります。

 真希さんが登場したのは、午後10時半過ぎ。
 MONKEY MAJIKをフィーチャーした「1 more night feat. MONKEY MAJIK」に続いて、「Golden LUV feat. MAKI GOTO」のイントロがフロアに流れました。正面の大型ディスプレイに映し出された「Golden LUV feat. MAKI GOTO」の文字とともに、ひとりの女性がステージに降り立ちました。
 突然のことで、唖然と見守るオーディエンス。しかし、その姿が後藤真希さんであることがわかると、フロアのテンションは一気に最高潮に達したそうです。

 ワンコーラス終わったあとで音が止まるハプニングがあったようですが、最初からやり直し、客席は一層盛り上がったそうです。
 
 なお後藤真希さんは、今後、3月7日に国立代々木競技場第一体育館で行なわれる史上最大級のファッションフェスタ<TOKYO GIRLS COLLECTION(TGC)>にゲストモデルとして出演が決定しているそうです。

 このニュースに関する詳細は「BARKSニュース」をご参照ください。

 ※後藤真希さん公式サイト
  http://rhythmzone.net/maki/index.html

posted by ミムさん at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

長澤まさみが不倫?!

 長澤まさみさん(21)が4月スタートのTBS系ドラマ「ぼくの妹(仮題)」(日曜・後9時)でオダギリジョーさん(32)で初共演することが発表されました。長澤さんとオダギリさんはW主演となります。

 物語はエリート外科医だが、どこか抜けているオダギリさん演じる兄と、学校で「奇跡のようなバカ」と呼ばれるほど勉強が苦手でも、要領の良さと生活力は抜群という長澤さん演じる妹。両親を早くに亡くし、お互いが唯一の家族である兄妹が、ケンカを繰り返しながらも、絆(きずな)を深めていくドラマとのこと。

 清楚な役が多い長澤でしたが、大河ドラマ「天地人」でも妖艶なくノ一(くのいち)を演じており、今回は男を見る目がなく“だめんず”ばかりを好きになる女性役という新境地に挑戦。第1話では、長澤さんが妻子ある男性と不倫していることがオダギリさんにばれ、大げんかになるという設定とか。

 長澤はさん「かけ合いが多い物語なので、そこで本物の兄妹らしさが出るといいなと思います」とコメントしているとか。

 ファンのかたは今から待ち遠しいですね。


ラベル:長澤まさみ 不倫
posted by ミムさん at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

リンクしまうすFX
おすすめ
スポーツの達人/ゲームの達人
ミムさんのお気楽極楽
無料で不労所得・お小遣いを稼ごう
これはお勧め まる得情報
超気になるぅ〜、得々厳選情報!!
競馬はギャンブルでなく投資である
ブログアフィリエイトで愛でいっぱいのお金持ちになる方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。