2009年01月28日

石川遼にマスターズの招待状到着!!

 “ゴルフの祭典”マスターズ(4月9〜12日、米ジョージア州、オーガスタ・ナショナルGC)初出場が決まった石川遼君(17)が昨日27日、東京・有明のパナソニックセンターで招待状到着報告会を行ったそうです。メジャー初出場で何もかもが手探り状態の大舞台となる訳ですが、日本ツアーと変わらない1日4バーディーを目標に、あくまでも“攻めのゴルフ”で挑むことを発表したそうです。

 この席では、招待状の封筒がさらに三重に包装されていたことを披露。そこでもマスターズの重みを遼君自身は感じたようです。

 「出場選手の中で心技体すべてで一番劣ってると思う。だけど、初出場だし、自分の持っているものすべてを発揮したい。日本でプレーしてる時と同じで“1日4つバーディーを取ろう”という目標を持ってオーガスタでもプレーしたい」と遼君。
 
 昨年の日本ツアーでの遼君のバーディー数は3・83で、B・ジョーンズに続いて2位に食い込んでいます。ボギーが多くても、それ以上にバーディーを奪うことで賞金ランク5位に入ることができたという訳です。09年の目標にも「バーディー率4点台」を掲げており、バーディーの数は遼君にとって譲れない一線。特別な大会であっても、よそ行きのスタイルに変えるつもりはないようです。

 もっとも、マスターズで1日4バーディー、4日間で16バーディーは極めて高い目標のようです。昨年優勝のT・イメルマンですら15バーディー、通算8アンダーで優勝。2位のT・ウッズも11バーディー、1イーグルにすぎませんでした。もし目標を達成できれば、遼君は優勝争いを演じることも可能になって来ます。

 日本“ゴルフ界のドン”とされる杉原輝雄氏(71)は昨日26日、大、マスターズ出場が決まった石川遼君に辛口エールを送っています。
 遼君を「100年に1人の人材」と称賛する杉原氏ですが「マスターズに行って頭を打って帰ってきた方がいい」と指摘。「うまくいかないのが人生なんだから、彼にとってはその方がプラスになる。壁を打破して出てきた時が本物」と説いたそうです。

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 金融危機でスポンサー離れが深刻な米男子ツアーにとっても日本の「SHY PRINCE(ハニカミ王子)」は魅力で、海の向こうでも「石川マネー」争奪戦が本格化しそうな情勢とも伝えられているようです。

 AP通信は、遼君のことを「彼は今、日本で最も有名なスポーツ選手。その控えめな立ち居振る舞いから『SHY PRINCE』と知られている」と紹介。ロイター通信も、石川の『BASHFUL(はにかんだ) PRINCE』とのニックネームに注目。「真珠のような歯のほほ笑みは日本では最も被写体として価値があり、ここ2、3年間で最低で10ミリオンドル(約9億円)稼ぐ」と優れた“商品価値”を取り上げているそうです。

 遼君に対する期待は日本のみならず、米ゴルフ界でも大きい。PGAツアーのスポンサー2大業界はこれまで自動車と金融だったのですが、今回の世界恐慌で、特にビッグスリー(GM、フォード、クライスラー)は経営危機に立たされており、GMは今年からマスターズのテレビCMを中止すると発表しています。

  一方、遼君は世界を代表するトヨタ自動車、パナソニック、コカ・コーラなど有力スポンサーを抱えており、米ゴルフ界にとっても“金のなる木”。実績も把握しており、すでにマスターズまでの3大会で主催者推薦が決定したばかり。

 もちろん、遼君がアメリカ・ツアーに出場すれば、日本のテレビ局から放映権を得られるほか、大勢の観光客も見込むことができます。経済不況のあおりを受け窮地に立たされたアメリカ・ツアーにとって、遼君は「ジャパンマネー」を連れてくる救世主。それは格式のあるマスターズ委員会にとっても、無視できる状況ではなかったことは、先日、このブロブでもお伝えした通り。

 日本の「シャイ・プリンス」が今度は米国でも旋風を巻き起こせるか、今から楽しみですね。マスターズでも失敗を恐れず、果敢のゴルフをする遼君の勇姿にアメリカの観客・視聴者が魅了される日も近い!?

posted by ミムさん at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 石川遼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

石川遼君、マスターズ出場の裏事情

 男子ゴルフの今季メジャー第1戦、マスターズ・トーナメント(4月9〜12日、米ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC)の主催者は22日、石川遼君(東京・杉並学院高2年)を特別招待枠での出場選手に選んだと発表したことはすでに皆さんもご存じだと思います。

 日本人としては勿論、最年少での出場の出場となりますが、アメリカにはもっと年少で出場した選手が過去にいるらしく、世界的には2番目の若さと言いますから上には上がいるものですね。

 日本では史上最年少の獲得賞金1億円突破ですから、マスターズ出場も当然と思われていますが、マスターズはなかなかコマーミャルな戦略が強く、昨年は中国の外貨を狙い、中国国籍の選手を初めてマスターズに招待しており、今回も石川遼君をマスターズに出せば、日本での視聴率も上がり日本企業が沢山スポンサーになっていることを期待しての招聘になったという裏事情があるようです。

 昨年秋にマスターズの幹部が来日したときも、遼君のデーターを沢山収集し調査していたという関係者の証言もあるようです。

 経緯はどうであれ、遼君のマスターズでの活躍も期待したいですね。

posted by ミムさん at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 石川遼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

リンクしまうすFX
おすすめ
スポーツの達人/ゲームの達人
ミムさんのお気楽極楽
無料で不労所得・お小遣いを稼ごう
これはお勧め まる得情報
超気になるぅ〜、得々厳選情報!!
競馬はギャンブルでなく投資である
ブログアフィリエイトで愛でいっぱいのお金持ちになる方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。